運輸安全マネジメント

 平成29年度 運輸安全マネジメント (平成29年4月1日~平成30年3月31日)

有限会社新郷運輸は、運輸安全マネジメントに取り組み、全社員一丸となって輸送の安全性向上に努めます。

  • 1. (輸送の安全に関する重点施策)
    • (1) 輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令に定められた事項を遵守する事。
    • (2) 輸送の安全に関する費用支出、及び投資を積極的かつ効率的に行うよう務める事。
    • (3) 輸送の安全に関する測定分析及び内部監査を行い、必要な是正処置または予防処置を講じる事。
    • (4) 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達共有する事。
    • (5) 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施する事。
  • 2. (輸送の安全に関する目標)
    • お客様に安全と信頼を提供出来るよう、人身事故発生件数を0にします。
    • お客様に安全と信頼を提供出来るよう、対物事故発生件数を0にします。
    • お客様に安全と信頼を提供出来るよう、交通違反発生件数を0にします。
    • お客様に安心と信頼を提供出来るよう、点呼時のアルコール検知件数を0にします。
  • 3. (輸送の安全に関する計画)
    • (1) 社員教育の実施
      • 品質向上委員の安全に対する研修の実施 2回
      • 社内安全会議の実施 4回
      • KYTの実施 2回
      • ヒヤリハット研修の実施 2回
      • 外部機関による安全運転指導の受講 1回
      • 社内運転技能向上講習の実施 1回
      • 安全監査委員による個別指導(映像、運転データ) 通年
    • (2) 安全啓蒙活動の実施
      • 全国地域の交通安全運動にあわせ、年間4回の事故防止活動
        • (交通安全呼びかけのポスター、垂れ幕等の設置)
    • (3) 健康の維持増進
      • 高齢者事故防止検診(脳ドック)の受診
      • 再検査、治療の徹底
      • 健康診断の結果をもとに、全社員の日常生活に対する指導
    • (4) 車両安全設備の装着
      • デジタコの追加導入
      • ドラレコの追加導入
      • 非常防災用具の搭載
  • 4. 安全統括管理者、安全管理規定
    • (1) 安全統括管理者     隅田 武司
    • (2) 安全管理規定       別紙1
  • 5. 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統
  • 6. 事故、災害等に関する報告連絡体制
  • 7. 運輸安全マネジメント実施状況
    • 下記参照

 平成28年度運輸安全マネジメント結果報告書

(平成28年4月1日~平成29年3月31日)

  • 1. 社員教育
    • KYT訓練の実施                2回
    • ヒヤリハット研修の実施     2回
  • 2. 安全啓蒙活動の実施
    • 交通安全呼びかけのポスター、垂れ幕の設置
    • 本社にポスター、垂れ幕を掲示
    • 車庫にポスター、垂れ幕を掲示
  • 3. 健康の維持、増進
    • 健康診断の実施
      • 1回
      • 2回(夜勤)
    • 生活指導
      • 健康診断の結果をもとに、適切な指導を個別に実施
      • 産業医による指導を受ける
  • 4. 車両の安全設備
    • デジタルタコグラフ搭載        4台
    • ドライブレコーダー搭載        0台(現全車完了)
    • バックアイカメラ搭載            0台(現全車完了)
  • 5. 事 故 等
    • 人身事故 目標 0件 結果 1件
      対物事故 目標 0件 結果 5件

      昨年より人身1件増 対物2件増
      なお、自動車事故報告規制に規定する事故は発生しておりません

    • 交通違反発生件数   目標 8件 結果 5件  昨年より7件減
      点呼時、アルコール検知件数   目標 0件 結果 7件  昨年より1件減