安全の取り組み

安全会議新郷運輸では業務遂行に伴う安全の確保に全力で取り組んでおります。会議を設け定期的に安全確認対策を周知し、再発防止の確認、安全への意識向上、社員それぞれの安全認識の統一化を講じております。

 

飲酒チェック

 

安全飲酒チェックアルコール検出器での業務開始時、終了時のアルコール検査。業務中に飲酒等がないかを徹底してチェックしており、いかなる場合をもってしても飲酒運転はさせません。

安全運転教育

 

社員に徹底して、安全運転教育・危険運転の事例教習を行い、公道における安全の確保に尽力しております。公道を利用することを前提に、一般車両や歩行者等を優先し無理な運転は避けます。

動作時の車両の安全確保

 

大型の車両の場合、動き出す時も細心の注意を払わないとさまざまな危険が存在します。出庫時、入庫時車両の前後左右下部まで安全確認してからの運転を心がけております。

車両対策による取り組み

 

新型車両を導入時にはドライブレコーダーを搭載し、安全運転指導を行い社員それぞれの運転の質の向上を徹底しております。「ヒヤリハット」活動も取り組みの一環としてドライブレコーダーを活用しております。記録を参照する事により、さまざまな事例の社内共有や、各社員の自意識の偏りなどを対策しております。

   Gマーク(安全認定)

Gマーク新郷運輸では公益社団法人全日本トラック協会の貨物自動車運送事業安全性評価事業であるGマークを取得致しました。Gマークはトラック運送事業者の安全・安心・信頼のマークです。安全性優良事業所の認定されこれまで以上に安全への取り組みを強化していきます。

Gマーク(安全認定)とは(全日本トラック協会)